2011年09月29日

[072]「ソーシャルメディアって食べられるの?」と言っちゃう経営指導員向け | Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本−高橋 暁子

Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本

Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本

著者: 高橋 暁子
言語 日本語
ISBN-10: 4534048521
Amazonなか見!検索:無し
目次:
 第1章 ソーシャルメディアをなぜ活用すべきなのか?
 第2章 フェイスブック×ツイッター 組み合わせるからうまくいく
 第3章 フェイスブック×ツイッター 有名企業・団体の最新活用事例
 第4章 フェイスブック×ツイッター 注目企業・個人の最新活用事例
 第5章 フェイスブック×ツイッター さらに活用するためのポイント


清々しいほど直球ど真ん中ストライクなタイトルです(笑

『グーグルは、あらゆる情報を検索できるよう便利に整理してくれた。
しかし、情報があふれかえるようになった現在、私たちは多すぎる情報の中で、必要な情報を探すことができないでいる。』
(P.15)


そこで登場したのが「ソーシャルメディア」であると続きます。

商工会/商工会議所の経営指導員の中でも会員さんから「○○について調べたいんだけど」という問い合わせを受けることが少なくないと思います。
あらかわも結構受けるのですが「こうやって検索すればいいのにナー」と思うことが多々あり、わかりそうな人にはその方法を教えています。

つまるところ「インターネット上にあると思われる、自分の欲しい情報をどのようにして探し出すか?」というWeb検索の「テクニック」が必要ということになります。
しかし、「商工会の経営指導員に電話すればわかる(笑」ように、詳しい人に聞くのが1番早くて確実なのです。

本格的に人と人とが繋がるインターネット時代になってきたのだと感じます。

『ツイッターは見込み客、新規顧客を獲得するのに向いており、
フェイスブックは見込み客を購入者やリピーターに育てるのに向いている』
(P.197)


これは、ソーシャルメディア活用例を紹介する項で、精神科医・樺沢紫苑 氏(http://www.kabasawa.jp/)のことばです。
中小企業がTwitterとFacebookを使い分ける方法についてヒントになると思います。

逆に、使うメディアの違いを理解し、目的(効果)を意識して利用しないと意味が無いどころかへたをするとマイナスになるということです。
これからの経営指導員は、Facebookぐらいやっておかないとダメと言われそうです…。

Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本
高橋 暁子

日本実業出版社
売り上げランキング : 4932

Amazonで詳しく見る by AZlink

 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 08:28| Comment(0) | 本 | Web(インターネット)活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

[060]IT業界な会員さんが増えてきたなと感じる経営指導員向け | 世界一わかりやすいIT(情報サービス)業界の「しくみ」と「ながれ」 −イノウ

世界一わかりやすいIT(情報サービス)業界の「しくみ」と「ながれ」

世界一わかりやすいIT(情報サービス)業界の「しくみ」と「ながれ」
著者: イノウ
出版社: 自由国民社; 第3版 (2011/1/25)
ISBN-10: 4426111765
Amazonなか見!検索:有り
目次:
 序章 IT(情報サービス)業界の基本
 1章 IT(情報サービス)業界の市場
 2章 開発会社のしくみ
 3章 システムの基本
 4章 システムの提案と要件定義
 5章 システムの設計と開発
 6章 システムの導入と運用管理
 7章 開発会社の新しいながれ
 終章 IT(情報サービス)業界のこれから


7/10に開催されるITパスポート試験。
ITパスポート試験 合格への道vol.4にて弱点が浮かび上がった「システム開発プロセス」などの知識を補足するために読んでみました。

「世界一わかりやすい」ということで、一部でマンガのキャラクターを使って説明してくれます。
その絵(画風)について好き、嫌いがあると思いますが、基本的には章の始めの導入部分等に挿絵として出てくるレベルなので言うほど目に付かないとは思います。
(´-`).o0(ただ、プロローグのマンガを読んで、ちょっと内容に不安を持ったのは内緒です(w )

「これからIT業界に関わっていこう」としている向けの内容なので、ITパスポートの勉強のためにも分かりやすい内容です。
目次にあるように3章〜6章までは、ITパスポートにジャストな内容ですし、7章・終章は今後のIT業界の流れがわかるので時事情報として押さえておいて損は無いと思うのでITパスポート受験者にオススメです。

世界一わかりやすいIT(情報サービス)業界の「しくみ」と「ながれ」世界一わかりやすいIT(情報サービス)業界の「しくみ」と「ながれ」
イノウ

自由国民社
売り上げランキング : 156123

Amazonで詳しく見る by AZlink

 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:12| Comment(0) | 本 | Web(インターネット)活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

[037]小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力−中村仁

小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力

著者:中村 仁
出版社:日本実業出版社 (2010/6/24)
ISBN-10:4534047266
Amazonなか見!検索:有り


株式会社グレイス 豚組 の代表取締役、中村仁氏による
中小個人飲食店のTwitter(ツイッター)活用法を解説した本。

著者が実際にTwitterで行ったことを書いているので、非常に参考になり、
現場での支援でそのまま使える内容も多いが、内容も以下のように章立てしており、
わかりやすく(読みやすく)まとめられている。

第1部 ツイッターがお店を救う
 第1章 飲食店に大切な「つながり」をもたらすツイッター

第2部 ツイッターでお店は何ができるか
 第2章 お客様との距離を縮める「勝手口マーケティング」
 第3章 リアルとネット、人と人をつなぐツイッター
 第4章 「豚組なう」や「サプライズ」で口コミを生む
 第5章 「店舗力」をアップするツイッターの使い方

第3部 ツイッター運用の実際を学ぶ
 第6章 お店のツイッター運用体制を整える
 第7章 誰をフォローし、つぶやきとどう付き合うのか?
 第8章 「豚組」流 ツイッターで成功するコツと心得

---

商工会/商工会議所の商業(小売・飲食店)を担当している経営指導員は、
Twitterを知る、知らずとも読んでおくべき本である。

その理由として、これからの個人飲食店の目指すべき戦略について以下のとおり書かれている。

現在の外食産業において、お客様との会話に重きを置いているお店は決して多くない。
特に会社の規模が大きくなればなるほど、その傾向は強くなる。
(中略)
ならば、中小個人店を営む私たちは、そんな大手の逆を行くべきだ。
私たちは、大手が苦手としているお客様1人ひとりとの深いコミュニケーションで勝負をすべきなのだ。


本書ではそれを実行するツールの1つとしてTwitterを挙げているわけだが、
昨今のキーワードでよく出る「つながり」「絆」を構築するために
最適なツールであると確信を持てる。

私事だが荒川昭憲 a.k.a ka(経営)指導員というHNでTwitterをやっているので、お気軽にフォローして欲しい(笑

小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力
小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力中村 仁

日本実業出版社 2010-06-24
売り上げランキング : 25259


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 00:00| Comment(0) | 本 | Web(インターネット)活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。