2013年09月26日

【試験全般】資格予備校の教室でどこに座るか?:中小企業診断士試験 1次試験対策メモ(6)

中小企業診断士試験 1次試験対策メモ | タイトル


資格予備校では、来年(2014年)の合格目標の講座がスタートしています。
「速習コース」もありますが、教室講座なら10月遅くとも11月にスタートするのが良いと思います。
(私は、1年目は11月からスタートしました)

さて、教室でどこに座って受講するか?
当然に黒板(板書き)が見やすい前の方が良いでしょう。
ごくごくまれにマイクの接触不良で、休憩時間まで講師の地声で講義をやるようなこともありました。
そんな時は当然に前の方が良いと思います。

教室講座では、だんだん自分の座る席が決まってきますが、
そこをあえて環境を変えてみるなど、当日の試験会場の中でどこになっても対応できるようにしておくのもいいかもしれません。

自習室では、わざと出入り口の近くで人の動きが多いところに座って、集中を切らさないようにする…そんな状況を自分で作っているひともいるようです。

あとは、夏場や冬場、エアコンの風で寒かったり目や喉が渇きやすい方はそこを避けながらみたいな感じでしょうか。
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:30| Comment(0) | 中小企業診断士1次試験対策メモ | 試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。