2013年09月12日

【試験全般】"まぐれの傾向"を出しておく:中小企業診断士試験 1次試験対策メモ(4)

中小企業診断士試験 1次試験対策メモ | タイトル


前回の"4択運"を鍛える:中小企業診断士試験 1次試験対策メモ(3)の続きになります。

「迷ったら『ウ』を選べ!」みたいな半分本気、半部冗談なような試験対策もあります。
あらかじめ決めておけば、後悔しないという心理面の効果もあるかと思います。

しかし、選択肢の中で『ウ』は正解でないと判断した時にどうするか?
ということで、私は第一候補と第二候補を決めておきました。

それをどうやって決めたか?

TACの答練(答案練習。テストです)で、4択から「えいやぁ!」とやった問題や
ある程度絞り込んでから「えいやぁ!」とやった問題の正解の傾向を調べて決めました。

その結果、経済学については、第一候補は『ウ』第二候補は『ア』となりました。
ちなみにほとんど4択(ア〜エ)ですが、経済学などではたまに『オ』が入って5択になります。
その場合は、『オ』で勝負する方法もありますね。

…と、自分なりのルールを決めることで、後悔の無い答案づくりを。
 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:30| Comment(0) | 中小企業診断士1次試験対策メモ | 試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。