2013年07月18日

[166]同じ椅子に座っていてお尻から根っこが生えてきた(?)経営指導員向け | ノマドワーカーという生き方−立花 岳志

166_00.jpg


目次:
1 これがフリーブロガーの一日だ!
2 ソーシャルとブログによる個人メディアの威力!
3 社長の座を辞してなった僕の職業は「ブロガー」
4 フリーブロガーの「デジタル・セルフマネジメント」 ノマド&クラウド徹底活用
5 今日からできる「個人情報発信」のススメ


いきなり話がそれますが、いわゆる「フリーランス」や「コンサルタント」の方って商工会/商工会議所を利用をしていないイメージがあるのですが、他の経営指導員の方はどう感じておるでしょうか?
商工会/商工会議所を必要としないほどスキルが十分にある方が多いのかもしれません。

詳しく調べたことはないですが、サラリーマンを定年退職した方が、その分野の知識・経験を生かしたコンサルタント業に就きたいという起業ニーズがあるような気がしますがどうでしょうか?
独立指向かどうかわかりませんが、中小企業診断士試験でも50代ぐらいの人結構いますもんね。

そういう方達の創業支援なんてのを商工会/商工会議所がやるのもいいと思いますがどうでしょうか?
誰に向かって言っているかわかりませんが(笑

本書は「プロブロガー」についての内容が中心になっております。

「何となく」スタートして「何となく」書いているうちに大人気ブログになる、というパターンもあるのかもしれませんが、確率は低いように思います。
(中略)
ここで必要なのは、以下になります。
・自分はどんなことを発信したいのか
・自分はどんな人達にその記事を読んでもらいたいのか
・情報発信をした結果、自分はどう変化したいのか
(P.214)


まさに「マーケティング視点」が必要ということです。

自分はこのブログの「読書感想文」を書くことを意識しつつ、商工会/商工会議所の経営指導員目線で、日々の業務のヒントがないかな?と目を皿にして読んでおります(笑


新しい習慣を生活に追加する時には、必ずセットで「やめること」を決めましょう。そしてきっちりやめるのです。
(中略)
「ブログを書くことよりも友達の誘いを受けることを優先するという選択をしているのはあなたであって、あなたの友達ではない」のです。あなたには友達の誘いを断り自分の時間を確保するという選択肢もあるのです。
(P.221)


中小企業診断士試験の勉強時間確保についても同様です。

今までやっていたことをやめて、その時間を勉強時間に充てています。
が、2年近くやっていると、以前は何をしていたか忘れてしまいます(笑

「選択と集中」という言葉がありますが、それを決めるのは他人ではなくて自分!
決めたらそれを続けるのも自分!…ですね。

「アクセスが増えない」と悩んでいる方のブログは、しばしばこの「情報」と「主観」のバランスがおかしくなっています。
(中略)
常にブログは「情報」を提供できるように留意しましょう。
(P.227)


これはなかなか耳が痛い…
読んでくれる方に有益の情報が提供できるように(ちょいちょい)がんばります!
 
 

posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:30| Comment(0) | 本 | 仕事術/情報管理(ノート術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。