2012年11月15日

[131]「記憶」を「記録」にしたい経営指導員向け | ライフログの技術−洋泉社MOOK

ライフログの技術


ライフログの技術 ~自分の仕事と趣味を丸ごと整理・保存する!

出版社: 洋泉社 (2012/6/27)
ISBN-10: 4862489699
Amazonなか見!検索:有り
目次:
PART1 ライフログの達人たちの使い方に学ぶ
PART2 便利アプリを利用してライフログを楽しもう


会員さんがスマートフォンに買い替えて「いいアプリ無い?」とか「どう使いこなしたらいい?」と相談を受ける商工会/商工会議所の若手経営指導員も多いと思います。

その1つとして、この本で解説している「ライフログ」は、とっかかりの1つにいいと思います。
いわゆる「PDCA」を回すにしても評価(C)や改善(A)をする際には記録が大事です。
それを簡単に、後で使いやすく残せるのがスマートフォンを使ったライフログだと思います。

本書の前半は、「ライフログの達人」による、それぞれのやり方やなぜそれを行うのか。
後半は、ライフログに適したスマートフォンのアプリを写真付きで紹介しています。


(ちきりん)
ネットの世界は、蓄積さえしておけば検索してもらえるので、続けていくと自然に結果が出ると信じています。
大半の人は、自分のアウトプットへの反応が得られないと、結果が出るまでの期間、モチベーションが維持できません。だからこそ、「好きなこと」をアウトプットするのが大事なんです。
(P.19)


(五島隆介)
ブログを更新するのに最低限の知識とテクニックがあるのならば、大したことがない内容であっても続けることによって、それが大したことに繋がっていくのだと実感しています。
(P.47)



有名ブロガー2人を引用させてもらいました。
ブログだけじゃないですが、何かを始める時には「その見返り」をすぐに求めてしまうものですが、
ことブログ(ライフログもそうですが)蓄積したところからスタートだったり結果が見えてくるので、導入期はがんばりどころです。

そこで、その支援をしてくれるスマートフォン アプリの登場となります。
以下、本書で紹介されていた、あらかわ が気になったiPhoneアプリとTwitterサービスをピックアップ。

▼iPhoneアプリ












▼Twitter関連サービス

ツイエバ - TwitterをEvernoteとEmailへ




posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:30| Comment(0) | 本 | Web(インターネット)活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。