2011年12月31日

新聞で見つけた、中小企業診断士試験に出るかもしれない(?)用語集 その3

新聞で見つけた、中小企業診断士試験に出るかもしれない(?)用語集 その3


パテントトロール(特許の怪物)
2012/12/20 日経産業新聞
 
パテントトロールとは、特許権を保有し、その権利行使によって、大企業などからライセンス料や損害賠償金を獲得しようとする企業、組織、個人を指す言葉である。
パテントトロールは、権利行使によって利益を得ようとする者であるため、特許侵害訴訟を提起することを目的として他者から特許権を買収するようなことはあるが、逆に、自らが保有する特許権を利用して製品を製造・販売するようなことは少ないと言われている。
パテントトロールのターゲットとしては、一つの製品に多数の特許が使用していることが多いハイテク関連企業が特に狙われやすいとされる。
[IT用語辞典バイナリ]パテントトロール


国内産業の空洞化
2012/12/21 日本経済新聞
 
モジュール化の点で見劣りする日本の基幹産業は不採算になった事業を再構築し、重要な技術の海外移管を視野に入れた新しい事業戦略を打ち出している。
経済産業省が今年1月に実施した調査によると、リーマン・ショック以降に海外へ新設・増設した工場で経営上重要な主力製品の生産をしていると答えた企業は約8割にのぼる。また、5割の企業が自社で優位性を持つ「コア技術」をすでに海外に移管済みだとしている。


ゲインシャリング
2012/12/22 日本経済新聞
 
3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)などが物流委託を受けて業務を行う際の成果報酬のこと。
一般的に3PLが物流業務を受託する際は、事前に一定期間におけるコスト削減額や削減率を約束することが多い。
この削減額や率を超えて目標を達成した場合、超えた部分について荷主、3PL双方で一定の割合で分かち合う(シェアリング)ことをさす。
[物流用語集(サントップロジテム)]ゲイン・シェアリング


PMI(Post Merger Integration)
2012/12/28 日本経済新聞
 
M&Aによる統合効果を確実にするために、M&A初期段階より統合阻害要因等に対し事前検証を行い、統合後にそれを反映させた組織統合マネジメントを推進すること。
特に企業文化の違いをどのようにマネージメントするかはPMIの重要なテーマである。
[Weblio辞書]PMI


中小企業診断士 中小企業白書の完全攻略〈2011年版〉中小企業診断士 中小企業白書の完全攻略〈2011年版〉
谷口 克己,野上 智宏,林 道夫,林 義久,町田 悦郎,松崎 研一,三俣 崇,山本 光康,山口 正浩,平岡 哲幸

法学書院
売り上げランキング : 27209

Amazonで詳しく見る by AZlink

 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:30| Comment(0) | 中小企業診断士試験:新聞でみつけた用語集(2011-2012) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。