2011年11月01日

ハロウィンということで(?)2011年、鍋はじめ。

ハロウィンということで(?)2011年、鍋はじめ。


昨日(2011/10/31)は「ハロウィン」
全くなじみの無いイベントですが、楽しそうなことにはついついノっかってしまいます(笑

[週刊文春]町中に溢れる「ハロウィン」 「経済効果」はどれくらい?
週刊文春2010年10月21日号「THIS WEEK 社会」

九月初旬から、街のあちこちで「ハロウィン」関連商品を見かけるが、いまだにハロウィンが何だかわかっていないお父さんも多いはず……。
「ハロウィンとは古代ケルトで行なわれていた年越し行事に由来し、万聖節(諸聖人の祝祭)の前夜祭として十月三十一日に催されます。もともとは霊の呼び戻しや悪魔払いなど呪術的要素の強い行事でしたが、アメリカに渡り、子供も楽しめるよう仮装をしてお菓子をもらったりパーティをするユニークな行事に変化しました」(和文化研究家・All About「暮らしの歳時記」ガイド・三浦康子さん)

急に日本でメジャーになったのはなぜ?
「十月はお中元とお歳暮の間、そしてクリスマスを控えた端境期で、流通業や食料品メーカーにとっては厳しい時期なんです。そこでこの時期に稼げるイベントとして、ハロウィンを業界がこぞって盛り上げてきた結果です」(経済評論家・平野和之さん)

経済効果はいかほど?
「六〇〇億円前後と言われています。まだクリスマスの十分の一、バレンタインの半分程度に過ぎませんが、すでにホワイトデーの経済効果は超えています」(同前)(抜粋)



「寒くなってきたし、そろそろ鍋をはじめましょう!」と数日前に鍋仲間の経営指導員に提案したところ、たまたま昨日スケジュールが合ったので2011年の鍋はじめとなりました。

20111101_01.jpg
下ごしらえ中。
あらかわは、呑んでるだk…今日は広報係りです!



20111101_02.jpg
ベースは「豆乳チーズ」ハロウィンということで「かぼちゃ」を入れてます。
かぼちゃは火が通りにくい?と思いましたが割とすぐ柔らかくなりました。



20111101_03.jpg
お酒に統一感が無いのは「おまけがついている」のが選考の理由だったため。


仕事の近況を報告しあったり、次の"鍋パ"の話をしたり。
全員30代・男のアツい鍋パーティーとなりました(笑

今年は何回やることになるのでしょうか?
 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 17:30| Comment(0) | 足腰軽く右往左往(日記/雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。