2011年06月14日

iPad2とプロジェクターを繋げてみた(Apple VGAアダプタ)

20110614_00.jpg


Keynote(iPad版)で初めてのプレゼンテーションでiPad 2でのプレゼンに目覚めた(?)あらかわ。
今度はそれをプロジェクターに映したいと思いました。

[Apple Store (Japan)]Apple VGAアダプタ
スライド、ムービー、写真など、iPad 2の画面上のコンテンツを、VGA搭載のテレビ、モニターや外部プロジェクタなど、さらに大きな画面で楽しめます。

Apple VGAアダプタがiPad 2に表示されているコンテンツをそのままミラーリングするので、部屋にいる全員で一緒に楽しむことができます。

Apple VGAアダプタは、iPad、iPhone 4またはiPod touch(4th generation)のビデオ出力にのみ対応しています。


20110614_01.jpg
…ということで、Apple ストアで「VGAアダプタ」を買いました!


20110614_02.jpg
iPad 2 と接続しました。


20110614_03.jpg
iPad 2 の電源を入れる前。


20110614_04.jpg
電源を入れたら、何も操作することなく映りました!


20110614_05.jpg
メニュー画面。


20110614_06.jpg
iPad 2 を横にすればプロジェクタ側も横に。


20110614_07.jpg
Keynoteを起動。レーザーポインタもiPad 2側の操作で出る!


20110614_08.jpg
画面上部には「ページ数」と「時計」、時計は、経過時間での表示も可能。


20110614_09.jpg
iPad 2上のレイアウトが選べます。


20110614_10.jpg
「現在と次のスライド」アニメーション効果を使っていればそれも出てきます。


20110614_11.jpg
「ノートとスライド」もちろんノートは、プロジェクター側には表示されません。


20110614_12.jpg
iPad 2を縦にしても、プロジェクター側は横で固定


20110614_13.jpg
iPad 2を持ちながらプレゼンをやるとケーブルの重さが気になります


20110614_14.jpg
こういう持ち方ならiPad 2のコネクターに負荷がかからないですかね


個人的にはiPad 2を持ちながらプレゼンテーションをするのに重さは気になりませんが、
特に女性だと長時間のプレゼンテーションだとちょっとツラいかもしれません。

…ということで、次回はiPod touchとプロジェクターを繋げてみたいと思います。
(´-`).o0(iPhoneは持ってないので…)
 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 06:40| Comment(0) | 使ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。