2011年01月25日

ITパスポート試験を受けてみようと思います!

前回アップした、[038]たった60日で取れる仕事に効く使える資格−中村一樹で、
「何か試験勉強をしようかナー」と書いたところ、Twitterにて

タイミング的にITパスポートお勧めw試験が春と秋しか開かれないから気付くと受付が終了してると言う…w。 RT @ka_shidoin: [038]たった60日で取れる仕事に効く使える資格−中村一樹 | http://bit.ly/ifAV97less than a minute ago via HootSuite



…とコメントを頂きました。
実は「ITパスポート試験」の前身である「初級システムアドミニストレータ試験」は平成13年に合格してたりします。

Wikipediaの「ITパスポート試験」によると
ITパスポート試験は初級シスアド試験の一部を後継し、初級シスアドは2009年(平成21年)春期試験をもって廃止された。
初級シスアドはITパスポート試験のレベルを包含し、合格者はITパスポート試験の合格レベルに達しているとされている。
初級シスアドの試験内容については当資格と、スキルレベル2に位置づけられた基本情報技術者試験に吸収された。(抜粋)


そうすると受かって当然ということになるのか(汗
ITパスポート試験紹介サイトに過去の問題があったので、
前回(平成22年度 秋季試験)の問題をやってみたところ

「ITパスポート」の前回(2010年 秋)のテストをやってみた。配点の重みがわからないのですが、100問中71問正解。事前勉強無しでの結果に天狗になるの巻。less than a minute ago via Echofon



厳密には(正解数/問題数)
ストラテジ系  25/35
マネジメント系 17/25
テクノロジ系  29/40 でした。

(´-`).o0(ちなみにレベル2の「基本情報技術者試験」は、どうにもなりませんでしたwww)

天狗になって「別に受けなくてもいいかナー」と思いましたが、
ちょうど同タイミングで発売されていた経済誌「PRESIDENT」2011年1月31日号、堀 紘一氏の記事で、
「学生の勉強は弱点を潰すものだが、社会人は強みを伸ばす勉強が良い」というのを読み、
なんとなく知っているIT知識をITパスポートを受けることにより整理しようと考えました。

ということで、あらかわ a.k.a. @ka_shiodin(経営指導員)は、ITパスポート 平成23年度春期試験を受けます!
よし、テキスト買ってこよう。
 
 
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 00:00| Comment(1) | ITパスポート試験に挑戦(2011) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

今回の一連の流れで、
以前務めていた職場の課長さんが、第一種情報処理技術者試験(今で言う応用情報技術者試験)を毎回受験して、合格していた事を思い出しました。
技術や知識が錆付かないように…自己研鑽の目的との事でしたが、
当時受験する事が目的になっていた自分にとって、本当に頭が下がる思いでした。

受験費用の5,100円が報われる事を祈ります。
公的資格のメリットは受験費用が比較的安いこと。
願わくば、T事務局もお誘いの上、ご受験下さいませw

蛇足ですが...デスクワークと縁遠い今の職種では全くもって無駄ですが、
ITパスポートの初回。受けとけば良かったーw
合格率70%越えって...運転免許かよwww
Posted by みや at 2011年01月25日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。