2010年10月28日

[027]はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術−マイケル・E. ガーバー

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

著者:マイケル・E. ガーバー
出版社:講談社 (2010/6/15)
ISBN-10:4062821354
Amazonなか見!検索:無し


筆者は起業に成功する条件として4つ揚げている。

1.大半の起業家が失敗に終わる理由を知る。
2.成功率の高いフランチャイズビジネスから学ぶ。
3.一流企業のように経営する。
4.毎日の仕事で実践する。


起業・創業を支援する本は多く出ているが、
なかなか「失敗する理由は何か?」というのを
体系的に説明しているものは少ない。

この本では起業家が「企業家」「マネージャー」「職人」の
3つの人格を1人で抱える三重人格であり、
それぞれが主役になりたくてウズウズしていると言う。
そして、それらの調和が取れなく失敗すると解説している。

自分は会社を経営しているのではなく、大量の仕事を抱え込んでいるにすぎないという現実である。

というのは、すごく共感できるフレーズである。
これからの起業する人や起業して間もない人、
またそれを支援する商工会/商工会議所の経営指導員は手にとるべき本である。

ここがおススメ(P.85〜)

「三重人格」である起業家の「起業家」と「職人」の視点の違いが書かれている。
・起業家は「事業が成功するにはどうすべきか?」を考え、職人は「何の仕事をするべきか?」を考えている。
・起業家にとって、会社とは顧客に価値を提供する場である。その結果、利益がもたらされる。
 職人にとって、会社とは自己満足のために好きな仕事をする場所である。その結果として、利益がもたらされる

...など、起業された人が初期段階で陥ってしまいそうな「ギャップ」が書かれている。

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
マイケル・E. ガーバー Michael E. Gerber

世界文化社 2003-05
売り上げランキング : 843
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 18:46| Comment(0) | 本 | 創業/ビジネスアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。