2010年07月15日

[013] 会計探偵クラブ−山田真哉

会計探偵クラブ

著者:山田 真哉
出版社: 東洋経済新報社 (2010/1/29)
ISBN-10: 4492043624
Amazonなか見!検索:有り


前回の会計天国に引き続き
小説系会計ビジネス書シリーズです。
(小説ビジネス書リレーはひとまず最終走者です)

著者の山田信哉氏は、さおだけ屋はなぜ潰れないのか?などの
多くの著書がある公認会計士でこれが最新刊の本です。

あとがき(「おわりに」)にも書いてあるが、
税金の理念・仕組み・実務について紹介されている。

個人事業主の確定申告時期には、決算書や確定申告書の作成指導を行うが、
そのやり方についてはOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)的に
「習うより慣れろ」というやり方で来た経営指導員も多いのではないだろうか?

記帳専任職員や経営指導員補助員(現在は、経営支援担当職員)では、
必要十分な税務指導に対する教育はなられず、
経営指導員になってからいわゆる「事業団研修」でトレーニングした経験がある。

話が逸れたが、そういった環境にある
特に商工会/商工会議所の新人職員が読むべき本だと思う。

小説部分については、「会計天国
」ほど説明じみてなく、
章の終わりに解説するページがまとめてあるので、
小説部分はスッキリ読めて、解説部分でじっくり読み込むのがいいだろう。

−ここがオススメ

今回も小説ということで、全編じっくり読んでください。
蛇足だが、現代的でユニークな登場人物の名前がスッと覚えられないのは年齢のせいだろうか・・・

会計探偵クラブ会計探偵クラブ
山田 真哉

東洋経済新報社 2010-01-29
売り上げランキング : 70189
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 00:00| Comment(0) | 本 | 財務/税務/経済/法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。