2010年06月17日

[009]「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本−小宮一慶

「1秒!」で財務諸表を読む方法

著者:小宮一慶
出版社: 東洋経済新報社 (2008/1/25)
ISBN-10: 4492601716
Amazonなか見!検索:有り


タイトルの「1秒で財務諸表を読む」のは、
「1秒だけ見るとしたらどこを見るのか?」を解説しているものなので、
1秒で全てがわかるのではないのでご注意を。

日産のリバイバルプランや液晶テレビの値段が下がる理由など、
一般紙で取り上げられるようなケースから話がすすめられるため、
「なるほど、そういうことだったのか」と感想を持つことができる。
そういう意味では、読みやすい本だと思われる。

途中、「財務会計」「税務会計」「管理会計」を解説する部分があるが、
財務は、会計士。税務は、税理士。管理は、経営コンサルタント。
がその道のプロとなるわけだが、商工会/商工会議所の経営指導員は
全てを兼ね備えてないといけないことを考えると、
自身、まだまだ勉強が足りてないと思う。

続編として、「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】があるようなので、
こちらも読んでみたいと思う。

−ここがオススメ(P.112〜)

従来からある産業とIT産業との違いを損益分岐点などの管理会計から紐解く。
ライブドアや楽天が何故、プロ野球の球団を取得しよう(した)のかが解説している。

IT産業の特徴は、「高い利益」と「低い参入障壁」
これに対応するために必要なものは何か?

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

東洋経済新報社 2008-01-25
売り上げランキング : 1871
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by @ka_shidoin(ケィエー指導員) at 00:00| Comment(0) | 本 | 財務/税務/経済/法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。